ニキビに負けない美肌づくり~原因と治療法を紹介します!

レディー

医療機関での治療

照射

激しい炎症を伴うニキビを放置していると、肌が凸凹なクレーター肌になる危険性があります。自分でニキビを改善するとなるとスキンケアか食生活の改善などを行なうことが出来ますが、それでも改善しないようなニキビは専門の医療機関を受診することが必要です。一般的な皮膚科や美容皮膚科などでニキビ治療が可能なので、より綺麗に肌の状態を改善したいのであればこれらを利用して治療を受けると良いでしょう。内服薬や外用薬もあるので、市販のスキンケアグッズより効果がある場合も少なくありません。また、最新のレーザー治療法なども利用できるので、比較的短期間でニキビを改善することが期待出来ます。

医療機関で利用できるニキビの主な治療法としては、第一にピーリングが挙げられます。ピーリングというのは毛穴に詰まった汚れを専用の薬剤で溶かすことが目的の治療です。肌表面の角質などを除去することで肌を新しく生まれ変わらせてくれるので、クレーター肌にも適切な治療であると言えるでしょう。しかし治療後しばらくは肌が敏感な状態になる場合がほとんどなので、ケアには最新の注意を払う必要があります。ピーリングは市販のアイテムを使用して行なうことも可能ではありますが、使用した後のケアを考えると医療機関での治療を受ける方が安全だと言えます。肌を綺麗に改善したいのであれば、ピーリングは美容皮膚科などを利用すると良いでしょう。

炎症が酷いニキビの場合は、ステロイド注射なども有効的である場合があります。ステロイドは炎症を抑える効果があるので、それを直接皮膚に注射することでひどい炎症を改善することが可能です。また、同じ注射で言えばプラセンタ注射も注目されているニキビ治療法のひとつです。美肌にも効果的なプラセンタで肌の状態をより良くすることが出来るのです。ヒアルロン酸注射も同じような効果があるので、費用を抑えて治療を受ける場合には医師に相談して注射治療を受けると良いでしょう。

レーザー治療はニキビ改善により効果があるとして多くの注目を集めている治療法です。レーザーを照射することで肌に小さな穴を複数個開け、肌のターンオーバーをしっかり促すことが出来ます。ひどい炎症で凸凹になってしまっている肌にも改善効果が見られるので、ニキビで悩んでいるのであれば医療機関でレーザー治療を試してみると良いでしょう。治療法によっては医療保険が適用されないケースもあるので、医療機関でニキビの治療を受ける場合には費用についても相談しておくことが大切です。